熊本市の眼科、白内障、緑内障、斜視の治療なら「すみれ眼科クリニック」

  • 〒861-4135
  • 熊本県熊本市南区鳶町2-4-1

カテゴリー一覧

  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 小児眼科(斜視・弱視)
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • 涙道内視鏡を使用した涙道疾患治療について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて

若年期の近視進行を抑制する点眼薬が使用可能になりました。

マイオピン(0.01%アトロピン点眼)

若年期の近視進行を抑制する点眼薬使用可能になりました。

近年若年での近視の増加、また近視の度の進行する割合の多さが問題となり、いろいろな近視進行防止の目的に調査が行われ、オルソケラトロジーとこの低濃度アトロピン点眼がほぼ同等の近視抑制効果の結果がでています。強度近視は、眼疾患の発症を高めるといわれており、若年期の近視進行防止は意味があるといわれています。当院でもそのためマイオピンを導入しました。

myopine01

Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

 

 

近視の進行を抑制することが大切な理由

眼断面図子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。

近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。

 

 

低濃度アトロピン0.01%点眼薬が選ばれる理由とは?

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つです。

グラフ03重篤な副作用の報告はありません。
この薬の本来の作用により、一時的に瞳孔(黒目)が大きくなりまぶしく感じますが、数時間で元に戻りますのでご心配ありません。

近視の進行を平均約60%軽減させる良好な点眼薬と言われております。

低濃度アトロピン0.01点眼薬は、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

 

 

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は安全ですか?

シンガポール国立眼科センター(SNEC)の研究によりますと、アトロピン0.01%の効果は点眼を2年間継続した後によるものです。

安全性

1.アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
2.眼圧(IOP: Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
3.白内障を形成するとの報告はありませんでした。
4.点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
5.電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

 

 

 

 

治療の費用について

このマイオピン点眼による近視進行防止の治療は、保険適応外のため、自由診療となります。

初回の費用

検査と点眼料   10,500円(税込)

再診時 

検査と点眼料    4,800円(税込)

点眼料のみ     3,400円(税込)

一覧に戻る

カテゴリー一覧

  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 斜視・弱視治療
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて