熊本市の眼科、白内障、緑内障、斜視の治療なら「すみれ眼科クリニック」

  • 〒861-4135
  • 熊本県熊本市南区鳶町2-4-1
  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 小児眼科(斜視・弱視)
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • 涙道内視鏡を使用した涙道疾患治療について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて

小児眼科(斜視・弱視)

斜視・弱視について

斜視は、右目と左目の視線が同じ方向を向いていない病気です。
弱視はメガネでピントを合わせても視力が出ない病気を弱視と言います。

斜視や弱視は発達期の6 ~ 8 才までに治療を必要とする病気です。
早期発見し早めの治療が大切です。

当院では、斜視・弱視も専門的に行っており、種々の幼少のお子様からできる検査用具を揃えています。

・子供用の視力・立体視検査用具

グレーティングカード

グレーティングカード

乳幼児の視力検査が可能です。

ステレオフライテスト(写真左側)

ステレオフライテスト
(写真左側)

2才くらいから行える偏光眼鏡で行う立体視検査です。

ラングステレオテスト
(写真右側)

1才くらいから行える眼鏡なしで行える幼児向け立体視検査です。

squint3

ドットカード(写真右側)

ウサギの目の大きさが見えるかによって視力を測ります。
2才~6才くらいまでのお子様の視力検査です。

近用字ひとつ視力検査
(写真左側)

小学生の低学年に使える検査用具です。

遠方用の字ひとつ視力表

遠方用の字ひとつ視力表

小学生の低学年と弱視用の視力検査機器です。

CARDFF ACVITY TEST

CARDFF ACVITY TEST

魚や車などの絵を用いて、生後5 ヶ月~ 2 才前のお子様の視力を測ります。(絵視標と言います)

斜視・弱視外来の流れ

STEP1: 病歴の確認

眼の位置のずれることがある、見えにくそうにしている、よく転ぶ、頭を傾けるなどの症状を視診し、何才頃から気づいたかなどお聞きします。

STEP2: 視力・屈折検査

機械(オートレフ)による遠視・近視・乱視などの屈折検査を行う、年齢に応じた視力検査を行っています。

STEP3: 検査の結果

CASE1: 視力が出ない…弱視

何らかの理由で視力の発育が遅れている状態です。

CASE2: 眼位、頭位に異常がある…複視がある/顔面非対称がある

眼位検査を行います。

斜視

目の位置にズレがあり両眼視機能に問題があれば治療が必要です

CASE3: 生まれつき角膜や白内障や眼底に異常がある場合

必要があれば原因の病気の治療を優先します。

病気が固定している、病気が軽い場合

弱視治療を期間限定で行ってゆきます

弱視の治療

原因

主に遠視、または片方の目の視力が良い方の目より遠視が強い、または強度の近視や強い乱視により視力の発育が遅れている状態です。

治療

STEP: 1 メガネ治療を行います。

12才以下のお子さんは調節麻痺剤の点眼をした後に測定した屈折の値でなければ正確な遠視、近視、乱視(屈折)の値はわからないと言われています。
サイプレ・アトロピン検査による正確な屈折データとり → 正確な眼鏡処方を行います。

STEP: 2 左右差が大きく視力が上がりにくい場合は良い方の目をアイパッチをする時間を設けたり、アイパッチ+字拾いなどの訓練をしてもらう場合もあります。

STEP: 3 視力は両眼1.0以上でた場合でも、より良く立体視や両眼視機能を目指して両眼開放下での視力検査で発育のバランスを確認し、追加の治療を行っていきます。眼鏡に箔を貼るなどの治療です。

斜視の治療

斜視には、外斜視(目の位置が片方外にずれる)、内斜視(目の位置が内側にずれる)、上下斜視(目の位置が上下にずれる)などがあります。

子供の頃にみられる斜視は右目で見ていれば左目がずれる(左が斜視)、左目で見ていれば右目がずれる(右が斜視)になる共同性斜視がほとんどです。

筋肉のバランスや元々目の位置のバランスを保つ部分の中枢(脳)の問題で起きると言われています。

成人になってからの斜視は子供の頃からもっていた斜視の要因が悪化してみられる場合と麻痺性の斜視で突然複視を生じるような斜視がみられます。

外斜視

大きく間欠性外斜視と恒常性外斜視に分かれます。

間欠性外斜視

両眼ともまっすぐで正常な目の位置の時とどちらかがずれる外斜視の時があります。

squint6

正常な時

squint7

左の外斜視が出ている

squint8

右の外斜視が出ている

まっすぐ見ているが左右それぞれに外斜視が出ている時

治療

CASE: 1 外斜視の量が大きい場合

プリズム眼鏡装用+斜視トレーニングを行い、経過によっては斜視手術を実施

CASE: 2 外斜視の量が小さく斜視になる頻度が多い場合

プリズム眼鏡装用+斜視トレーニングを行い、経過によってプリズム眼鏡を外す方向でトレーニングを続けるか、斜視手術を実施

CASE: 3 外斜視の量が小さく斜視の頻度が少ない場合

両眼視の精査を行い、状況によって斜視トレーニングを行うか、定期検査のみで経過をみる

恒常性外斜視

squint10

左がずれている時

squint99

右がずれている時

斜視術後

治療

両眼視の精査 → 斜視手術

複視がなく、機能的に問題がない見た目上の問題の時には、整容的手術でもかなり目の位置は改善します。

内斜視

内斜視は大きく生後6ヶ月以内に発症する先天性内斜視と、それ以降に発症する後天性内斜視に大きく分かれます。

先天性内斜視

生後6 か月以内に発症し、内斜視の量が大きい(片方の目が大きく内にずれている)のが特徴です。
眼位が不安定で上下ずれも合わせて起きやすく、早期からプリズム眼鏡をしっかり装用するか、装用できなければ遅くとも2 才までに斜視の手術が必要です

先天性内斜視の例

先天性内斜視生後5か月児
治療開始が1歳半のためその後2回の斜視手術を必要とした

squint152

1回目の内斜視術後
プリズム眼鏡+膜プリズムで治療中の写真

squint153

2回目の斜視術後
残存上下斜視に対すプリズム眼鏡装用中です。大変眼位改善しています。

後天性内斜視

生後6 ヶ月以降に発症する内斜視で種々のタイプに分かれます。
アトロピンによる薬剤負荷屈折検査

アトロピンによる薬剤負荷屈折検査 → 眼位の検査 → 眼鏡装用のみ

CASE: 1 眼の位置が改善する場合

屈折性調節性内斜視

squint11

内斜視が出ている例

squint12

眼鏡の装用のみで内斜視が改善されている

CASE: 2 眼の位置が少し改善する

部分調節性内斜視

内斜視が出ている例

プリズム眼鏡の装用で内斜視が少し改善されている
残存する内斜視の量が多ければ、引き続きプリズム眼鏡を装用します→斜視量が大きければプリズム除去目的に斜視手術を行います

CASE: 3 全く改善しない

それ以外の内斜視

プリズム眼鏡の装用を装用を行います→プリズム眼鏡が装用できない、または斜視量が大きければ、プリズム除去目的に斜視手術を行います
※当院では、子供の斜視手術についてはくまもと森都総合病院と提携しており、当院院長が木曜の午後くまもと森都総合病院にて手術を行います(手術には予約が必要です)

麻痺性斜視

突然ある時からものが2 重に見える(複視)を生じるもの
眼球運動に関連する筋の麻痺を生じる斜視です。
左右のどちらかまたは両眼の筋に原因があります。

まずは原因の精査 採血等を行います。
必要性に応じMRI、CTを放射線科や脳神経外科に依頼します。

原因不明・原因の治療不可の場合

麻痺が残った場合、改善のためのトレーニングを発症後3 ヶ月間集中的に行います。
さらに残ったものはプリズム眼鏡の装用、または斜視手術を行います。

  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 斜視・弱視治療
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて