熊本市の眼科、白内障、緑内障、斜視の治療なら「すみれ眼科クリニック」

  • 〒861-4135
  • 熊本県熊本市南区鳶町2-4-1
  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 小児眼科(斜視・弱視)
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • 涙道内視鏡を使用した涙道疾患治療について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて

白内障

白内障とは眼の中にあるレンズが白く濁ってくる病気です。
視界が霞んだり、視力が低下するなどの症状が見られます。

TOPに戻る

斜視

斜視とはものを見るときには、両方の黒目が見ようとする方向に向かずに、片方の目が見たいものと違う方向に向くことがあり、これを斜視といいます。

TOPに戻る

弱視

弱視とはメガネやコンタクトを装着した際にも、視力の矯正がされない眼のことをいいます。
原因には先天的な病気や、多くの場合遠視、乱視、強度の近視などの屈折の異常で視力の発達が遅れている状態です。

TOPに戻る

眼瞼下垂・眼瞼内反症

眼瞼下垂は加齢やハードコンタクトの長期装用で瞼が下がってくる病気、眼瞼内反は逆まつげの病気です。

TOPに戻る

緑内障

緑内障は中高年の方に多い病気のひとつで視野が狭くなるなどの症状があり、重度の緑内障は、失明する可能性があります。
なお、中程度までの緑内障には症状が無いので、症状がない場合でも、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

TOPに戻る

眼瞼痙攣

瞼がピクピクと痙攣して動くことを、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と言います。
初期の場合、痙攣ではなく、まばたきが多い、目が開けづらいなどの症状のみの事もあります。

TOPに戻る

結膜弛緩症

年齢とともに白目の粘膜がゆるんでくることにより、異物感(ゴロゴロする)などの症例が出る病気です。

TOPに戻る

翼状片

白目の一部であるテノン嚢と呼ばれる部分が異常に増殖し、黒目の角膜にまで伸びてくる病気です。

TOPに戻る

ドライアイ

涙の量が減るまたは成分が変化する事により、目の表面に傷がついた状態になる病気です。
治療としては、目の潤いを保つ人口涙液など特別な点眼薬を使用する方法や、涙の排出口である涙点を塞ぐ涙点プラグを使用する方法などがあります。

TOPに戻る

流涙症

涙の排出に問題があり、涙があふれてくる症状が出ます。
涙を鼻に排出する涙道(涙小管・涙嚢・鼻涙管)が詰まったり狭くなっている場合は、流れを良くするための治療を行います。
流涙症の原因には、逆まつげなど外部的な刺激で涙の量が増えている場合もあります。

TOPに戻る

糖尿病網膜症

糖尿病が原因で細い血管が詰まったり傷つきやすくなる症状が網膜で発生する事で、網膜内に異常な血管(新生血管)が増え出血を繰り返したり、増殖膜が生じ、網膜剥離を起こしたり、新生血管緑内障などにより失明に至る場合もあります。
糖尿病の治療との併用が重要ですが、網膜内で異常な血管(新生血管)が発生する事を防ぐレーザーを使った治療などを行います。

TOPに戻る

結膜炎

結膜炎には、細菌やウィルスの感染により広まる結膜炎と、アレルギー性の結膜炎とがあります。いずれも目のかゆみや異物感、充血などの症状が出ます。
点眼薬での治療が基本となりますが、原因によって薬の種類は変わりますので医師の診断を受けるようにしてください。

TOPに戻る

ぶどう膜炎

眼球を包み込むように広がる脈絡膜と毛様体、虹彩をまとめてぶどう膜と呼びます。
ぶどう膜が炎症を起こす原因はサルコイドーシス、原田病、ベーチェット病が多いとされていますが、他にも膠原病や腸疾患など様々な原因が考えられます。
原因によって治療法も変わりますので、医師にご相談ください。

TOPに戻る

加齢性黄斑変性

ものを見るのにとても重要な網膜の黄斑部が、加齢により変化し視力に影響を与える病気です。
50代以上の男性に多いとされ、高齢化に伴い患者数が増えています。
歯科医の中心部がぼやけ、暗くゆがむのが特徴ですが、同じような症状を起こす他の病気もあるため、日頃から意識してなるべく早い段階で医師の診断を受けることが重要です。

TOPに戻る

角膜ヘルペス

口や顔に小さな水ぶくれを作るのと同じヘルペスウィルスの一種が角膜に感染して起きる病気です。
目の痛み、異物感、まぶしい、涙が出る、などの症状が出ます。抗ウィルス薬の投与による治療が基本です。

TOPに戻る

眼瞼炎

まぶたの炎症は、まつげの根元部分に生じる眼瞼縁炎と、まぶたの皮膚に起きる眼瞼皮膚炎とに分かれます。
細菌やウィルスによる感染性のものと、アレルギー反応などによる非感染性のものがあります。

TOPに戻る

結膜下出血

結膜の下の血管から出血し、白目が赤くなる病気です。
痛みなどの症状はほとんど無く、鏡などを見て初めて気づく場合が多い様です。
黒目に影響して視力低下を起こすような事はほぼ無く、1~2週間程度で自然に消えるので、特に治療の必要はありません。

TOPに戻る

生理的飛蚊症

視界に黒い糸や虫のようなものが動いて見える病気です。
眼球の中の硝子体の劣化や変化が原因となります。
網膜剥離によって起こる場合も有るので、医師による検査が重要です。

TOPに戻る

雪目(電気性眼炎)

スキー場や海水浴場などで強い太陽光線を浴びたり、溶接などの強い光を長時間見る事で角膜の表面に傷がつく病気です。通常1~2日程度で治ります。

TOPに戻る

点状表層角膜炎

角膜の表面に点状の傷がつく事で、異物感やまぶしく感じるなどの症状が出ます。
傷がつく原因はコンタクトレンズや逆まつげ、感染やドライアイなどです。
原因によって治療法も変わりますので、医師の診断を受けましょう。

TOPに戻る

麦粒腫(ものもらい)

まぶたや目の縁にある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こり、まぶたの腫れや痛みが出ます。
地方によって「めいぼ」「めばちこ」などと呼ばれることもありますが、医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれます。
治療には細菌を殺菌できる点眼薬や軟膏を使用します。

TOPに戻る

網膜剥離

眼球の内側にある網膜が剥がれる病気です。
原因は加齢による硝子体の変化や糖尿病網膜症などの他に、頭部などへの物理的なショックが原因となる場合もあるため、20代と50代以上に多い病気です。
治療法はレーザーと冷凍凝固を使用して網膜を剥がれにくくする方法があります。
しかし多くの場合、網膜剥離の手術が必要です。
進行すると失明に至る病気なので、日常的に注意を払いながら早期に治療を行う事が重要です。

TOPに戻る

流行性角結膜炎(はやり目)

感染力の高いアデノウィルスの感染が原因で起こります。
まぶたの腫れ、充血、水っぽい目やに、涙が出る、異物感、まぶしいなどの症状が出ます。
人から人へ感染するので、症状が出たら他の人に感染させない様注意が必要です。

TOPに戻る

涙嚢炎

涙を目から鼻へ流す涙道が詰まるなどで炎症を起こした状態です。
涙や目やにが多くなり、圧迫すると膿が出ます。
ひどくなるとまぶたから鼻、頬にかけて腫れや痛みが出る場合もあります。
針を刺して膿を出したり、抗生剤で原因菌を殺す治療を行います。
当院では涙道内視鏡を使った最新の治療を行っています。

TOPに戻る

  • 白内障手術・遠近眼内レンズ
  • 斜視・弱視治療
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)眼瞼内反症(逆さまつ毛)
  • 緑内障が気になる
  • まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)
  • 結膜弛緩症(白目のたるみ)翼状片について
  • こんな症状のときには
  • メガネ・コンタクトについて