眼瞼痙攣|熊本市の眼科

熊本市の眼科ならすみれ眼科クリニック

0963202333

診療時間 9:00~12:30 / 14:30~18:00
休診日  木曜午後 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは

眼瞼痙攣とは

瞼がピクピクと痙攣して動くことを、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と言います。痙攣し始めると連鎖的に続き、症状が出ないときは全くでない、というのも良くあることです。

痙攣の症状が出ていなくても、目を開いていられない、まぶしい、いつもしょぼしょぼしたり、異物感があったりなどの症状が続き、徐々に眼瞼痙攣の頻度が増え、人によっては目の周囲だけでなく顔まで痙攣してきて、目を開けることができなくなってしまう場合もあります。早期の症状の時から治療した方が治るケースもあり、また治療の効きが良いと言われています。

<眼瞼痙攣にお悩みの方は、当院でオンラインによる医療相談もできます。>

オンライン診療「クリニクス」

眼瞼痙攣の自己診断項目

  • まばたきが多い
  • 外に出た時又は室内でもまぶしく感じる
  • 目を開いているのがつらい
  • 目が乾く・しょぼしょぼする・痛いなど、目の事が気になる
  • 人ごみで人やものにぶつかる、ぶつかりそうになる
  • 電柱や街路樹、停車中の車などにぶつかった事がある
  • 階段の上り下り、太陽や風などが苦手で外出がおっくうだ
  • 危険を感じるので車や自転車の運転を控えている
  • 手を使って目を開かなければいけない時がある
  • 片目をつぶってしまう

上記のうち、1~2 項目当てはまれば眼瞼痙攣の疑いあり、3 個以上当てはまれば眼瞼痙攣に該当します。

原因

眼瞼痙攣が発症する原因は「脳の一部が機能障害を起こし瞬目(まばたき)のコントロールができくなっている」と考えられています。「眼瞼炎や結膜炎など、まぶたや角膜の病気に由来する刺激が原因になる」「抗うつ薬など別の病気で服用・使用した薬が引き起こした」などのケースもあります。まだ完全に原因が解明されているとは言えません。

治療方法

眼瞼痙攣の問診や瞬きのテストで状態を把握し、眼瞼痙攣の疑いがある場合には、症状の改善と治療的診断を目的として、ボトックス療法を行います。また、片側顔面痙攣の方にもボトックスは有効です。

ボトックス(ボツリヌス)療法

ごく微量(致死量の数百~数十分の一)のボツリヌストキシンを眼瞼部・眼窩部の数カ所に注射する。
日本でも保険適応が認められているが、内服薬などに比べ費用が高い。
米国を初め、いくつかの国のガイドラインでは第一選択とされ、改善率は90%前後というデータがありますが、効果は3 ~ 4 ヶ月しか持続しない場合が多い様です。
まれに注射直後、副作用として瞼が閉じにくくなることがありますが、一時的なものです。

ボトックス注射の効果

  • 注射後、2 ~ 5 日で効果が現れてきます。
  • 2 ~ 4 週間で効果が最大になります。
  • 3 ~ 4 カ月で徐々に減弱していき、再び注射前の症状に戻ります。

注射後、通常3 ~ 4 カ月経過すると眼瞼痙攣・片側顔面痙攣の症状が再び出てきます。
まばたきが多くなってきた、まぶしさを感じるようになってきた、などの症状が再び出てきたら再投与の時期となります。

薬物内服治療

向精神薬や抗てんかん薬などを内服する治療法。ボトックス療法と併用する事で、ボトックスの効果が持続する方が多くなります。

スクラッチメガネ・手術

スクラッチメガネ・手術

眼瞼痙攣が進行している場合には、スクラッチメガネや手術の適用となります。
手術は、眼輪筋の切除と眼瞼下垂の手術を併用するものです。
しかし、手術後もボトックス療法は必要なことが多い様です。

オンライン診療「クリニクス」