緑内障|熊本市の眼科

熊本市の眼科ならすみれ眼科クリニック

0963202333

診療時間 9:00~12:30 / 14:30~18:00
休診日  木曜午後 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日

緑内障

緑内障とは

痛みの少ないまぶたの手術

緑内障は中高年の方におきやすく40 代以上の20 人に1 人が発症し、見える範囲が狭くなる病気です。
症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていき、進行は遅く、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありませんので、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

治療が遅れると失明に至ることもあります。中途失明原因の第1 位は緑内障です。

原因

緑内障は眼圧による視神経の障害によって発症、進行するとされています。
眼圧に対して弱い眼であれば発症し、強い眼であれば発症しにくいと考えられています。

緑内障のタイプ

緑内障には大きく2 つのタイプがあります。眼内では水(房水)がつくられ隅角から流出し眼内が一定の圧力に保たれています。
眼内の水の出口である隅角が広いタイプを(開放隅角)、狭いタイプを(閉塞隅角)と言います。
閉塞隅角では老化に伴い緑内障発作と言って、通常眼圧(10 ~ 20mmHg)に対して3 ~ 5倍眼圧が上昇し、吐き気や激しい痛み、かすみの症状が出て、治療が遅れると失明する事もあります。

治療

緑内障の治療は、開放型でも閉塞型でも眼圧を下げる効果のある点眼薬を使用し、眼球の中の体液( 房水) を抑制、または流出を促し眼圧の調整をします。
ダメージを受け失われた視神経は回復しませんので点眼薬を用いても十分眼圧のコントロールが出来ず視野障害がすすむ場合、緑内障の手術で手術的に眼圧を下げる必要があります。
早期発見し継続的な(毎日の)眼圧コントロールが大切です。
閉塞隅角症の中でも隅角が大変狭い方は緑内障発作防止のためにレーザー治療又は早めの白内障手術が必要な方もいます。

緑内障の検査と治療の流れ

(1)眼圧測定
(2)診察
・緑内障のタイプ 
・視神経の状態で緑内障の可能性判断
(3)OCT

光干渉断層計 OCT

光干渉断層計 OCT

高速撮影で9×9 ミリの広範囲で眼底の断層図を撮影。
緑内障の神経線維層の厚みを測定し、年齢別の緑内障解析が可能です。
(※加齢黄斑変性や黄斑円孔などの診断にも使用します。)

<緑内障の方のOCT>

<緑内障の方のOCT>

図表中の赤い部分は同じ年齢の方より神経線維層断面の厚みがかなり減少している事を意味しています。

【図の説明】

右目で眼底の神経の上方の領域が薄くなっているため、上部に赤判定が出ています。
赤判定が多い場合緑内障が疑われるため、視野検査を行います。

(4)視野検査

<上と同じ方の視野検査結果>

<上と同じ方の視野検査結果>

視野に障害があれば、緑内障の診断となります。
視野の障害の程度によって、初期・中期・末期と判断を行います。重症度に応じて目標眼圧を設定し、眼圧管理を行います。

【図の説明】

眼底の上方の神経の領域が減少している場合、下の視野に障害が出ます。

(5)治療
緑内障の治療は、早期に発見して眼圧を下げ、進行しない様にする、進行防止の治療を行います。
主に点眼治療を行い、点眼で眼圧が下がらない方には、眼圧を下げる緑内障の手術が必要です。
閉塞隅角症は、眼圧が急に上昇する(緑内障発作)を起こす危険がありますので、閉塞隅角症の中には予防的レーザー光彩切開術または早めの白内障手術が必要な場合があります。