新着情報

カテゴリー:

すべての投稿

  • ゴールデンウィークのお知らせ

    お知らせ

    4月28日(日)・29日(月)5月3日(金)・4日(土)・5日(日)6日(月)休診させていただきます。なお、5月1日(水):午前・午後診療   5月2日(木):午前診療のみ※お薬不足のない様ご注意くださいませ。※

  • 近視と近視抑制治療について

    ブログ

    近視の進行が子供に急増し、強い近視の割合が増加しています。強度近視は成人した後の眼疾患のリスクが高まるため、小児期の近視進行防止の重要性を日本近視学会でも取り上げられています。近視とは近くのものは見えるのですが遠くは見えにくくなる状態です。...

  • 緑内障治療について勉強会を行いました。

    ブログ

    緑内障では病気が進行しないと予想される値まで眼圧を下げ、見えにくくなるのを防ぐことが治療の目標になります。緑内障の治療法薬物治療目薬を使用して眼圧を下げます。目薬には多くの種類があり、一つ一つの特微を慮しながら治療に使用する薬剤を決めていき...

  • ミケルナ配合点眼液の勉強会が行われました

    ブログ

    ミケルナ配合点眼液はラタノプロスト(PG関連薬)とミケランLA(カルテオロール,β遮断薬)との配合剤です。1日1回製剤同士の組み合わせです。特徴としてはβ遮断薬としてカルテオロールが1日量配合されています。眼表面におけるカルテオロールの作用...

  • 眼感染症について勉強会を行いました。

    ブログ

    眼感染症は眼球内(目の中)で起こる感染と眼球(目)の外で起こる感染症があります。眼の中で起こる感染症を眼内炎といいます。発症頻度は0.06〜0.2%、500〜1700件に1件とされています。眼内炎には急性型と晩発型の二つに分けられます。急性...

  • アドヒアランス向上についての勉強会を行いました

    ブログ

    患者さんが枝極的に治療に関わり、その決定に沿った治療を受けることをアドヒアランスといいます。緑内障はアドヒアランスの維持が治療の成否に大きく関わります。緑内障は中期になるまで自覚症状がありません。患者さん本人は、自分は見えていると思っている...

  • 緑内障点眼についての勉強会を行いました

    ブログ

    緑内障とは眼圧の上昇で視神経が店迫・障害され、視野が欠けて見えなくなる病気です。視野が欠けるのは、鼻側から生じるため、症状が進行するまで気づかないことが多いです。症状が進行すると、視野が狭くなったり、目が見えなくなってしまったりしまう為、早...

  • 緑内障点眼・左右眼の間違い対策についての勉強会を行いました

    ブログ

    緑内障(エイベリス)について緑内障は日本人で失明の原因第1位となっています。その理由は緑内障と診断されて、点眼を毎日継続する事が出来ていないことが原因の一つとされていますが、その他にも色んな理由で脱落されています。緑内障点眼で1番に選ばれる...

  • 緑内障と正しい点眼方法の勉強会を行いました

    ブログ

    緑内際について縁内摩は、視神経が傷つくことにより、視野が徐々に欠けていく病気です.目の中には、房水という水が流れていて、房水の作られる量と排出のバランスが崩れると房水がたまりすぎて眼圧が高くなります。服圧が、高くなると視神経は、圧迫されて傷...

  • アジマイシン点眼の勉強会を行いました

    ブログ

    眼瞼炎について眼瞼炎の充血や発赤睫毛部分の分泌物 結膜の充血等の細菌性眼瞼炎は慢性的な疾患ですが、重篤な状態ならず、しかも適切に治療できる薬剤がなかった為、今まではあまり注目されない病態でした。眼瞼炎でも病態は前部眼瞼炎と後部眼瞼炎に分かれ...

ページトップへ